日蓮仏教の勉強 幸せに生きる為の方法を学ぶ

法華経を中心に仏教の勉強をしています















何でも人のせいにする人は・・・・





 

うまくいかなくて充実感を得られない人生は

 

自分に対しても周りに対しても

 

嫌な気分を作ります

 

そういう人は

 

自分の失敗を他人や社会のせいにします

 

そうして周りの調和を壊し

 

反作用で自分が苦しむことになるのです

 

個人が充実感を感じるか

 

不満を感じるかによって

 

社会の平和は左右されるのです





幸福は安全な生き方





 

何事もうまくいっていて幸せな人は

 

他人に危害を与えたり

 

迷惑をかけたりしません

 

そういう人は

 

喜びを感じながら

 

いいことをします

 

だから

 

周りから良い反応が返ってきます

 

すると、さらに良いことをしたくなります

 

このように

 

充実感のある人は

 

周りにも幸福の影響を与えて

 

安全に生きていられるのです

 

喜びと充実感を感じることが

 

社会の安全につながるのです





あなたは布施で生きている





 

私たちは

 

大自然から

 

他の生命から

 

多大な布施(恵み)をいただいて生きています

 

一方的にいただくばかりで

 

返そうという気持ちはなさそうです

 

それでは

 

人生は借金ばかりです

 

多重債務を抱えて

 

不幸になるに決まっています

 

たとえ小さくても良いから

 

大自然と全ての生命に何かをお返ししましょう

 

できる範囲で

 

少しでも債務を減らそうではありませんか



 

一人の行動は全体に影響を与える





 

一人の行動ということが

 

全体に影響を与えるのです

 

それは、

 

地球全体にも通じるのです

 

一人が勉強すること

 

挨拶すること

 

微笑むこと

 

それが社会全体の調和を守っていくのです

 

自分という一人の行動が

 

とても大切な価値を持つのだとわかれば

 

やる気が出てくるでしょう



布施とは何か





 

「役に立つ」

 

というのは

 

生命を支えること、喜ばれることです

 

生命は他から支えられないと

 

成り立ちません

 

生きるとは

 

あらゆるものに支えられていることです

 

それは

 

「布施されている」

 

ということなのです

 

だから

 

多量の布施を受けて生きている私たちは

 

「他の役に立つ」

 

という布施を行わなければならないのです

 

例えば、公園で空き缶を拾うとか

 

マナーを守るとか

 

そういう些細なことでも

 

役に立つのです

 





役に立つの本当の意味を知りましょう





 

人は、何かしら他と関係を持って生きています

 

生きているということは

 

関係性です

 

その関係性の中で

 

何か「役に立つ」ことが大切です

 

「役に立つ」といっても

 

決して大それたことではありません

 

お茶を入れてあげたり

 

微笑んだり

 

ちゃんと挨拶するとか

 

そういった小さなことなのです

 

それによって

 

人の気持ちを穏やかにさせたり

 

気分良くさせることが

 

「役に立つ」

 

ということです



スポンサーリンク